美肌の味方!ローヤルゼリー

MENU

美肌の定義

女性が憧れる美肌。その美肌になるためにはどのようなことが必要なのか、その定義を考えてみましょう。肌、そして皮膚構造の基本知識も知っておくと、どのようなことに気を付ければ良いのか見えてくるかもしれません。

皮膚の構造

皮膚は大きく3つに分けられています。目に見えている一番上の層を表皮といい、外部刺激から鼻内部を守る重要な役割を担っています。0.06-0.2mm程度の薄さしかないことが特徴。その下の層は真皮と言い、皮膚の中で一番厚い層になっています。

 

真皮を作っている大部分はコラーゲンやヒアルロン酸で、水分を保持する役割があります。一番下の層は皮下組織と言います。その大部分は脂肪でクッション性があることが特徴。老廃物を排出したり栄養素を運搬したりする働きがあります。

肌の生まれ変わり

私達の肌は定期的に生まれ変わっています。その働きをターンオーバーと言い、ターンオーバーがスムーズにいくことは肌の美しさに大きな関わりをもたらします。表皮の一番下の部分から細胞が生まれ変わりながら押し上げられ、表皮の一番上の角層が剥がれ落ちるという仕組みです。

 

ターンオーバーの周期は約28日と言われていますが、実際はその倍以上かかる人もおり、個人差があります。ターンオーバーが乱れると肌トラブルが頻発することにもつながることも。

重要な水分

肌の美しさの基本は水分。どれだけたっぷりの水分を保持していられるかにより、肌のツヤはハリが変わってくるといっても過言ではありません。ぷりぷりとした質感は水分が命。この水分を溜め込むところが肌3層のうちのちょうど真ん中にある真皮という場所。

 

コラーゲンとエラスチンが真皮をしっかりと支え、ヒアルロン酸がその隙間を埋めています。これらの働きを活発にしておくためには、スムーズなターンオーバー、そして毎日の生活習慣や食事など、さまざまな要素をバランス良く保っておく必要があります。